2017年3月アーカイブ

Excelのパスワード

| コメント(0) | トラックバック(0)
Excelブックにパスワードが付いているものがありますが、毎回開くたびにパスワードを入力するのはメンドウだし、使用頻度が高い時期はパスワードを覚えていても、使わなくなるとパスワードを忘れてしまい、開けなくなる・・・ そんな経験はないでしょうか。業務系で他会社とExcelファイルのやりとりをすると、メールでパスワードを別便で送付され、毎回、このメールを参照するのもメンドウです。
 
さて、これを解消する方法です。前提条件はこのファイルを開くパスワードは覚えておき、一旦ファイルを開きます。[ 名前を付けて保存 ] を選び、下部にある、[ ツール ] の [ 全般オプション ] を選び
[ 読みとりパスワード ]および [ 書き取りパスワード ] を空欄にして [ OK ] をクリックします。後は既存のファイルに同じ名前で保存して上書きすれば完了です。
PassWord_reset[1]_1394514421461.jpg
Excelを使っていて、365日にその日数の貯金をすると、6万6千円も貯金できるという記事が書かれていた。少し、興味があったので、さっそく実行してみることにした。1円〜365円mまで、任意の数値を貯金すればいいのだ。例えば、500円硬貨が余っていたので、貯金したいなら、365円+135円でもいいし、200円と300円でもいいわけだ。そして、その数値を塗りつぶす。Excelで1〜365をマス目に入れて、印刷しておいて、そこに斜線を入れて、チェックすればいい。そうすれば、66,795円貯金できるのだ。
 
(365-1)÷2*365+365=66,795
 
さぁ、そこまではいいのだが、この合計額を出したいとなると、少し難儀だ。毎回、計算しなくちゃいけないし、貯金の都度、計算するのもメンドウだなぁ、と思ったところで、表題の「色付したCellの合計を出す」Excelはないかな。検索するとヒントがたくさんあった。

<参考サイト>
Chiquilin Site■05.08.03_Excel:色付きセルを計算する

ここを参考にして、マス目計算を完成させる。ただ、時々、「自動計算しない」時があった。解消方法はPCのファンクションキー [ F9 ] を押すことだ。これで、強制的に再演算してくれる。

■ポイント
 B1セル上で [挿入]→[名前]→[定義]
 ※[ ctrl ]+[ F3 ] で呼び出すことが可能

 名__前:色番号

 参照範囲:=GET.CELL(63+NOW()*0,A1)
 →[OK]
 ※背景色の場合。文字色の場合は「63」の部分を「24」にして下さい

これで基本形は完成したので、A1の部分を必要な形式に加工して保存。
「関数」[ 色番号 ]を作ったので、該当の色番号を呼び出すマス目に =色番号 と計算式で入力すると色の値が出る。黄色ならば、「6」だ。で、6が表示されているマス目のみを計算する計算式を組む。

=SUMIF(B1:B8,5,A1:A8)


5は青だし、6は黄色だ。そして範囲を設定して、sumすればいいことになる。

水色部分を修正しました。(2017.10.19)

このアーカイブについて

このページには、2017年3月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2015年2月です。

次のアーカイブは2017年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2018年1月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ウェブページ

  • picture
Powered by Movable Type 4.261