Excel データ追跡機能付きテンプレートウィザードのフォローはどうした! (続)

| トラックバック(0)

ひさびさにExcelのテンプレートウィザードを使った業務を依頼されたので、

あれこれと検索した。そうすると、「光」を発見した!

 

以前、データ追跡機能付きテンプレートウィザードのフォローはどうした!

と書いたが、ついに解析が終わった方がいらしたようだ。感謝感謝!! 

詳細の説明は下記参考サイトで見ていただきたい。

 

<参考サイト>

初心者備忘録

「データ追跡機能付きテンプレート ウィザード」のダウンロード先

 ここで提示されている方法を丁寧に実行し、該当ファイルであるWZTEMPLT.XLA

を所定の場所に移すことが第一の難関。(難関でもないが...) Officeのフォルダが

いくつもある場合がある。ちなみにワタシの場合にはMicroSoftのフォルダの中に、

Offce12Office13Office14などがあり、どこに入れていいのか迷ったが、各フォ

ルダの\APPDATA\Microsoft\AddInsに入れてみた。ここさえ間違わなければ

なんとか稼働できるようだ。

Universal Extractor がキーとなるので、同サイトの主宰者の文章を「丁寧に

 実行する」ことが大切です。

 

当方の業務はこれからだが、とりあえず、

 

<参考サイト>

エクセル2010基本講座:データ追跡機能付きテンプレート ウィザードを使う

 

を参考にしながら、作業を進めていく予定。何と言ってももうOfficeXPから既に何世代

も経っており、動かせるかどうかも不安なのだが、こんな便利なものがなくなることが

ユーザにとっては悲劇だった。しかもMicroSoftOfficeなのに! と憤慨している。

 

とまぁ、みなさんに情報を提供させていただいたので、一安心。

 

この機能を利用した業務の中でまた発見があった場合には、随時、ご報告させていただき

たい。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.luckyangel.us/mt/mt-tb.cgi/82

このブログ記事について

このページは、管理人が2015年2月 4日 14:34に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「PDF文書をテキスト化し、更に加工したい」です。

次のブログ記事は「既定のプログラムの変更」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2018年1月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ウェブページ

  • picture
Powered by Movable Type 4.261